北三番丁教会の沿革

礼拝堂の様子。

礼拝中は、聞き取りにくい方のために、講壇の左側にスクリーンを設置し要約筆記を映しています。

  創立:1926(大正15)年123

 

 私たちの教会は仙台浸礼教会(現・仙台ホサナ教会)から分離独立し(1921)、隣接の尚絅女学院(当時)との関係を深め、1926(大正15)123日、現在地で献堂式を挙行、同日名称を「仙台北星バプテスト教会」として設立された。1941(昭和16)年1124日に日本基督教団仙台北三番丁教会と改称し、今日に至っている。(礼拝堂は、講壇、長椅子などもふくめ、92年前の建築当時のままである)

 

 歴代主任牧師

 川又吉五郎(19231921 1930

 大坂 鷹司(1930 1932

 橋本 東吾(1932 1939

 原  良三(1939 1961

 深田  寛(1961 19992001〕)

 酒井  薫(19991997〕~ 2007

 江連  実(2008  2018

 佐藤 司郎(2018     


現任牧師紹介

佐藤司郎

 

略歴

1946年生まれ。東北大学、東京神学大学に学ぶ。日本基督教団大洲教会(愛媛県)、同信濃町教会(東京都)牧師、東北学院大学教授を務め、20184月から当教会牧師に就任した。

 

牧師からのあいさつ

 皆さまの上に恵みと平安を祈ります。

 新しい年度を迎え、それぞれに期するものをもって、歩み始めておられると思います。神様の導きと支えとを祈ります。

 私たちの教会はこの北三番丁の地にあって創立93年目を迎えています。時代も社会も、地域も私たちの生活も大きく変化しましたが、変わらぬ真理を伝えつづけて歩みを進めています。

 どなたも、お年寄りも、若い人も、はじめての方も、皆さん教会においでくださること大歓迎です。ご一緒に聖書に親しんでみませんか。聖書を学び、豊かな人生を歩んでいきたいものです。日曜日の礼拝のほかに、週日の集会もあります。いずれも自由にご参加できます。また私はこの教会の牧師2年目ですが、ご連絡いただければ、何でもご相談に応じます。201941日)